オフショア開発一覧

定期的にオフショアを訪問しよう(オフショア開発成功のすすめ)

オフショア開発で重要なのは、オフショアのエンジニアとのコミュニケーションです。 定期的にオフショアを訪問し、親交を深めましょう。 開発環境やコミュニケーションツールがいくら進歩しても、最も大切なのは目を見てFace to Faceで会話することです。 今回は筆者の経験より、オフショア訪問の意義と注意事項を説明します。

輸出管理の注意点(オフショア開発成功のすすめ)

オフショア開発をすすめる上で、切っても切れないもの。 それは輸出管理です。 エンジニアはどうしても忘れがちになってしまうのですが、 正しく処理しないと開発そのものが頓挫してしまうこともあります。 筆者の13年間のオフショア開発の経験から、 輸出管理で注意すべき点と輸出管理を行う場合のテクニックを数回に渡って説明します。

納入物の品質問題と対策方法(オフショア開発失敗あるある)

オフショアを活用した開発で一番の問題は「品質」だと思います。 どうして納品物の品質が悪いのか? どうすれば品質が良くなるのか? そんな疑問に、 オフショア開発経験13年の筆者が 品質問題の原因とと対策を説明します。 品質問題の原因は、実は発注側にあるのかもしれませんよ?

実際発注側って英語のスキルはどの程度必要?(オフショア開発成功のすすめ)

オフショア開発で一番心配になるのは言葉(言語)の問題ですよね? オフショア開発を進めるにはどの程度の英語力が必要か? 英語力がなくてもプロジェクトを成功させる方法はあります。 13年のオフショア開発経験を持つ筆者が、英語力がない場合の対処方法について解説します。

増えるコストがあることを認識してますか?(オフショア開発成功のすすめ)

オフショアを活用する際、コストが下がることだけ考えていませんか? でも、オフショアを活用することで増えるコストもあります。 減るコストと増えるコスト。 トータルで考えないと総コストが増えることもあります。 本ブログでは、増えるコストの詳細とコストを増やさないための対策について説明します。