定期的にオフショアを訪問しよう(オフショア開発成功のすすめ)

オフショア開発で重要なのは、オフショアのエンジニアとのコミュニケーションです。 定期的にオフショアを訪問し、親交を深めましょう。 開発環境やコミュニケーションツールがいくら進歩しても、最も大切なのは目を見てFace to Faceで会話することです。 今回は筆者の経験より、オフショア訪問の意義と注意事項を説明します。

オフショアのメンバと一緒に食事に出かけよう

オフショアのメンバとちゃんとコミュニケーションは取れていますか? オフショアのメンバが日本に来た時、自身がオフショアを訪問した時、是非一緒に食事や飲み会に行って親交を深めましょう。 コミュニケーションの基本はまずは相手を知ることです。 食事や飲み会を通して、まずはお互いを知りましょう。

輸出管理の注意点(オフショア開発成功のすすめ)

オフショア開発をすすめる上で、切っても切れないもの。 それは輸出管理です。 エンジニアはどうしても忘れがちになってしまうのですが、 正しく処理しないと開発そのものが頓挫してしまうこともあります。 筆者の13年間のオフショア開発の経験から、 輸出管理で注意すべき点と輸出管理を行う場合のテクニックを数回に渡って説明します。

納入物の品質問題と対策方法(オフショア開発失敗あるある)

オフショアを活用した開発で一番の問題は「品質」だと思います。 どうして納品物の品質が悪いのか? どうすれば品質が良くなるのか? そんな疑問に、 オフショア開発経験13年の筆者が 品質問題の原因とと対策を説明します。 品質問題の原因は、実は発注側にあるのかもしれませんよ?